インスタ運営方法

Instagram集客に一眼レフは必要ありません。スマホのカメラで十分です。

Instagramでいいねがたくさん欲しい。そんな時に、こんな疑問がありますよね。

インスタでいいねをたくさんもらうには、やっぱり一眼レフとか高級カメラで撮った方がいいの??

この質問について、スマホのカメラのみで1,000いいねを達成した私の回答はもちろん、「一眼レフは必須ではない。」です。

ただしあなたが一眼レフが欲しいと思っているのであれば、迷わず買うべきだと思います。

それでは、その理由について述べていきます。

一眼レフには知識が必要

インスタには飛び抜けたセンスの良い、綺麗な写真を上げている人々がおり、その人達はたくさんのいいねをもらっています。

こういう人達。めちゃくちゃ綺麗です。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ゆーきさん(@youkixxx)がシェアした投稿

こういった写真を撮るのであれば、もちろん一眼レフなどの高級カメラが必須でしょう。

しかし、こういう人達はプロ、セミプロのカメラマンさんが多いです。

素人がちょっとカメラかじったくらいじゃこんなすごい写真は撮れません。

また、ただ一眼レフで撮っただけの写真では、いいねはもらえません。

写真の質のみで勝負するのであれば、カメラに対する膨大な知識と情熱が必要となります。

その為、

カメラ好きで一眼レフがどうしても欲しい!

という方以外は購入はしなくて良いです。一眼レフは使いこなせなければパワーは半減ですので。。。

購入してみたものの、重いし大した写真撮れないから結局置物になってしまった。。。なんて声もよく耳にします。 カメラ、決して安くはないです。まずはスマホや家にあるカメラを使って撮影し、満足できなくなってきたら購入する、という流れでも全く問題ないです。

1,000いいねをスマホだけで達成した

私は1,000いいねをスマホのみでで達成しました。

私のInstagramアカウントがこちら。インスタを初めてカメラに興味が出てきたので、最近はソニーのコンデジで撮影していますが、1,000いいねまではスマホしか使っていません。

その方法が、こちらの2ステップです。

ステップ1

お気に入りの地域の写真を紹介することを目的に写真を発信

その地域を元々好きな人を中心にファンを獲得

ステップ2

ある程度いいねが集まるアカウントに成長したところで、その地域の写真をフォロワーから募集し、リポストさせてもらう。

リポストにより写真の作者はその写真を広めてもらうことができ、こちらはフォロワーの良質な写真をあげることができ、Win-Winの関係を築けます。

 

上記のように、私の方法ではある程度人気のあるアカウントに育てたら、フォロワーの写真を紹介するアカウントに切り替えます。

つまり、フォロワーさんの良質な写真をお借りすることができるのです。その中には一眼レフで撮られた写真もあります。

と言うわけで、一眼レフは自分では使っていませんが、フォロワーさんが一眼レフで取ら撮った写真はお借りして投稿していたわけです。 ちょっとずるい気もしますが、これだと本当にスマホのみで完結しますし、写真を提供してくださったフォロワーさんにも喜んでもらえます。

スポンサードリンク

スマホカメラ+画像加工で十分綺麗な写真が作れる

それでは、次にこんな疑問が生まれるでしょう。

そこそこ人気のアカウントにするまでにはどうしたらいいんだろう。綺麗な写真じゃなくていいの?

ご安心ください。今のスマホのカメラはとても高性能で十分綺麗な写真が撮れます。

さらにそこにアプリで多少の加工を加えるだけで、かなりクオリティの高い写真にすることができます。

下の写真は、自分がiphone8で撮影し、インスタの加工機能を使用し投稿したものです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

リバーシブル倉田さん(@riba920218)がシェアした投稿

いかがでしょうか?それなりに綺麗に仕上がっていると思いませんか?

このように、スマホカメラと加工で十分に綺麗な写真に仕上げることが可能で、いいねもたくさん集めることができるのです。

それではまとめです。

まとめ

良質の写真を追い求め、フォロワーさんからも募りましょう。募集できるほどのアカウントに育つまでは、画像加工を駆使せよ!

夜の写真、暗い場所での撮影が主である場合は、高級カメラがあった方がいいです。スマホは暗い場所の写真を撮るのはめちゃくちゃ苦手です。

この点は、高級カメラとスマホには画像加工で埋めようもないとてつもない差があります。

それでは。