1,000いいね獲得10段階講座

【Instagram集客ステップ2】大事なのは統一感。テーマを選定せよ!選定のポイントまとめ

【Instagram集客ステップ1】インフルエンサーのメリットを知り、モチベーションを維持しましょう』と言う記事では、

インフルエンサーになるためにもっとも重要な「継続」をするために、インフルエンサーのメリットをご紹介しました。

まだ読んでない方は、ぜひ読んでおいてください。

【Instagram集客ステップ1】インフルエンサーのメリットを知り、モチベーションを維持しましょうこのインスタ集客講座では、インスタ初心者の方が1,000いいねを獲得することを目指す講座です。 「1,000いいねなんて、有名人と...

それではやる気も十分だと思いますので、ステップ2に進んでいきましょう!

ステップ2では自分のインスタグラムのテーマの選定を行います。

  1. なぜテーマ設定が必要なのか?
  2. テーマ選定のポイント

上記2点を順番にご説明していきます。

なぜテーマ設定が必要なのか?

テーマ設定を行う理由は、自分の投稿に統一感を出すためです。

統一感を出すことが大事というのは、インスタではよく言われています。これは僕も同じ考えです。

インスタグラムの場合、写真が主な発信情報となります。その為、他人が他人のアカウントをフォローする時は、

この人はこういう感じの写真をUPするんだ!きれい!もっと見たいなあ〜

という期待を投稿者にしているのです。

統一感を出して、自分がどんな写真をアップしていく人なのかを他ユーザーに理解してもらわなくてはいけません。

逆に綺麗だからと言って、風景写真、ポートレート、食事の写真など、なんでもかんでも投稿してしまうと。。。

この人、確かに写真は綺麗だけど、ジャンルがバラバラ・・・ご飯の写真は好みじゃないし、ちょっと目障りなんだよなあ・・・

こんな風に、1枚1枚は素敵でも、統一感がなければ継続的に自分の写真を見てくれるフォロワーは得られないのです。

テーマ設定の必要性についてご理解いただけましたでしょうか。
それでは、テーマ設定のポイントに続きます。

テーマ設定のポイント

テーマ設定については、以下のフローに沿って選定します。

※企業様や個人を売り出したい方も、同じ方法でテーマ設定を行ってください。
理由は『企業・法人様向け】Instagramマーケティングは、集客と信頼獲得が最優先です』でご説明しております。

自分の大好きなことがあれば、それが1番

あなたが今大好きなことがあって、それを毎日1枚写真を通じて紹介できるものがあれば、それがベストです。

継続に大事なことはやはり好きであることですし、好きなことというのは、自然と人より詳しい知識やスキルが身につき、それを発信することは、見る側にとっては大きな価値になるのです。

あなたがそんなの知ってて当然と思っている小さな知識や情報でも、知らない人にとってはとても貴重な情報であることが沢山あります。

そんな価値のあるアカウントであれば、そのジャンルに興味のある人がどんどんフォローしてくれることでしょう。

私がインスタグラムで出会った方にも、自分の趣味でたくさんのフォロワーさんから支持を受けている方がいますので、1部ご紹介させていただきます。

@mbkrd965さん

ゴジラやガメラ、ウルトラ怪獣から仮面ライダー、ガンダムのフィギュアなどの特撮画像を制作いる方です。実際の町並みと怪獣を合成させて、あたかも街に怪獣が現れたかのような写真が人気で、フォロワー数は1,000人越え!

@nozomiiiiiiiiiさん

「火曜サスペンスごっこ」として、サスペンスチックな写真投稿していらっしゃいます。しかも投稿は毎週火曜日だけという徹底ぶり!フォロワー数こそ少ないものの、コメント欄はいつもコアなファンで埋め尽くされています

いかがでしたでしょうか?

お二人とも特に自分のアカウントを広めていくような行動はとっておらず、ご自分のお好きなことを発信しているだけだと思いますが、それだけでも人を集めることができるのです。

さらにここに僕がこれから伝授する方法を組み合わせれば、一気に人気アカウントになれるはずです。

大好き!がない方には、風景写真がおすすめ

大好きなことなんてないよ・・・

こんな方には風景写真を紹介していくアカウントにすることをおすすめします。

その理由は2つ。

  1. 多くの人々が共通して「綺麗」と感じるものだから
  2. ネタに困らない

風景写真は、多くの人々が共通して「綺麗」と感じる

1つ目は、風景写真は多くの人々が共通して「綺麗」と感じるものだからです。

綺麗な風景や綺麗な建物(富士山、京都の街並みなど)は、誰が見ても「きれい!」「行ってみたい!と感じます。

さらに風景写真を綺麗と感じる感性は、国籍も問いません。

人物像や食事などは国や地域によって好みが分かれますが、風景に魅了されるのは、全世界共通なのです。

日本に綺麗な風景を見にくる訪日外国人が最近どんどん増えてますが、その理由の1つには、日本の自然や風景が美しいからだそうです。日本の風景は世界に誇れる素晴らしいものなのです。

風景写真は、ネタに困らない

もう1つの理由としては、ネタに困らないということです。

風景写真であれば、同じ場所でも構図を変えるだけでまるで違った世界になったり、同じ場所・同じ構図であっても、季節や時間帯によって様々な顔を見せてくれます。

一方、テーマを食事や洋服に設定したらどうでしょう?

ネタ集めの為に、毎回違うお店に行ったり、新メニューを考案したり。新しい洋服を買ってコーデを考えて、実際に着用して写真を取って。。。

大変そうだと思いませんか?

以上が風景写真をおすすめする理由です。

どんな場所の風景写真が良い??

風景写真はわかった!じゃあどんな所の写真を取ればいいの??

重要ポイントは、以下の5点です

  1. 思い入れのある場所
  2. そこそこ人気のある観光地
  3. 写真を気軽に取りに行ける場所(遠くても頻繁に行きたいと思える場所ならOK)
  4. 強力なライバルがいない
  5. 四季が感じられる

順番に説明します。

自分の思い入れのある場所

この記事の最初のテーマ選定の際に、自分の大好きなことがあれば、それが1番」とお伝えしたこととほぼ同じ考えになるのですが、

テーマに決めた場所が好きだったり、思い入れがあったほうが情報に厚みが出ます。

例えば地元であったり、小さい頃から何度も足を運んでいる場所であることをアピールすれば、

この人はここの土地に詳しい人だ!いろんな情報がもらえそう!

こんな風にも思ってもらえます。

ただ綺麗な場所だからというだけで選んでしまえば内容は薄っぺらく、見ている側からも価値を感じてもらえないでしょう。

ヒントは皆さんの今までの人生の中にあります。

・地元や今までに住んできた街をPRすることは出来ないか?
・何度も足を運んでいるお気に入りの観光地はなかったか?

ご両親や昔からの友人に聞いてみるのも良いかもしれませんね。

そこそこ人気のある観光地

観光地をテーマにする理由は、その場所に行ったことのある人や、その場所に行きたいと思っている人からの支持を得やすいためです。

理由は2つ。

まず1つ目が、その観光地を起点に、他ユーザーと共通点を持つことができるからです。

SNSというのは、ネットの世界ではありますが、人と人とのコミュニケーションを目的としたツールです。

全く知らない人と話をするときに出身地が同じだったり、年が同じだったりと、何か共通点があった場合に一気に親近感を覚えることがありますよね??

それと同じようにインスタの世界でも、ある観光地を紹介していれば、その場所に興味のある人から

ここ言ったことある!
ここ行って見たいと思ってるんだよね〜

こんな風に思ってもらえ、一気に心理的な距離を縮めることができるのです。

このためテーマに選定する場所は、すでにある程度のファンがいる、そこそこ名の知れた観光地にするのが良いのです。

2つ目の理由は、その観光地の人気に乗っかれることです。

アカウントを作成したばかりの他人のアカウントに対して、魅力を感じてくれる人は少ないでしょう。

そこで、観光地の元々の人気に乗っかるのです。

私のお気に入りの場所は〇〇!!〇〇を紹介してくれる△△さんのインスタも好きだわ〜〜

こんな風に思ってもらえるようなアカウントづくりを目指します。

写真を気軽に取りに行ける場所

これは簡単な理由ですが、良い写真を投稿するには、良い写真をたくさん撮る必要があるからです。インスタグラムは写真を紹介するツールです。写真を取りに行かなければ何も始まりません。

自分の経験談になりますが、たくさん写真を撮り貯めても、後で見返してみると使える写真ってあんまり多くないんですよね。

写真をあげるときになって、

りばお
りばお
この写真、もう少し工夫して撮ればよかったなあ。。。

 

と思うことがよくあります。

それから、イベント時などの特別な日にしか取れない写真も、近くにいないと取れない場合がありますよね。

そのため、出来るだけ気軽に取りに行ける場所が吉です!

強力なライバルがいない

さらに考慮したいのが、既に同じ場所の情報発信をしている人がいないかという点です。後発は明らかに不利なので避けたほうが良いでしょう。

ただし、そのアカウントのフォロワー数が100人とかそれぐらいの場合は問題ないです。すぐに簡単に追い抜けます。

すでに強力なライバルがいる場合でも、その地域をさらに分割することで自分のオリジナルにしてしまうことが可能です!

私を例に紹介します。

私の紹介している地域は長野県の木曽地域にある『奈良井宿』という場所ですが、長野県や木曽地域を紹介しているアカウントは既にありました。

特に長野県を紹介しているアカウントは長野件の公式アカウントであり、フォロワー数1万人・1投稿3,000いいねを叩き出すような強敵。。。。

しかし、長野県→木曽地域→奈良井宿と、地域を細分化していくと、奈良井宿を紹介しているアカウントは無かったのです。

そこでは私は奈良井宿をテーマにすることに決めました。

このように、地域を限定していくことで競合のいない状況を作り出すことができるのです。

四季が感じられる場所

四季が感じられる場所ですと、季節ごとに違った写真が取れるので、ネタに困らないといった利点があります。

また、今の季節に合う写真を投稿したほうが、見る人の共感を得られ、いいねを沢山もらえることにもつながります。

日本には四季がありますので、それを感じられる場所であると表現に厚みが出ますし、投稿するネタの選択肢が人がるので良いです。

また、その季節にあった画像をあげたほうが、見る人の共感を得られ、いいねがつきやすくなります!

スポンサードリンク

最後に

この記事では、テーマ設定をするときの5つの重要ポイントを紹介しました。

  1. そこそこ人気のある観光地
  2. 写真を気軽に取りに行ける場所(遠くても頻繁に行きたいと思える場所ならOK)
  3. 強力なライバルがいない
  4. 四季が感じられる

繰り返しになりますが、テーマを設定するのは自分がどんな写真を投稿するのかを見る人に理解してもらうためです。

インスタグラムは写真を通じて人と人とが繋がるコミュニケーションツールです!

ぜひ、『選定した地域のスペシャリスト』としてその地の素敵な写真、情報を発信していきましょう!