1,000いいね獲得10段階講座

【Instagram集客ステップ5】写真投稿のポイント。ハッシュタグと加工アプリで集客力をアップ!

【Instagram集客ステップ4】インスタ写真撮影のポイント。人気投稿から撮影スポットを研究しましょう!』と言う記事では、

インスタグラムでのプロフィールの重要性と設定の際のコツをご紹介しました。

<プロフィール設定の主なポイント(抜粋)>

  1. プロフィール写真は自分の写真
  2. 自己紹介文で、自分のテーマの説明と、そのテーマを選定した理由を説明
  3. URLに商品紹介ページを貼るのは悪印象

まだ読んでない方は、ぜひ読んでくださいね。

【Instagram集客ステップ4】インスタ写真撮影のポイント。人気投稿から撮影スポットを研究しましょう!『【Instagram集客ステップ3】プロフィールの書き方のコツまとめ!人とのつながりを意識しましょう』と言う記事では、 インスタ...

 

さて、写真撮影が完了した方、お疲れ様でした!

今回はいよいよ写真をインスタグラムに投稿しましょう!

写真投稿まで長かったですね・・・(^^;)
でもしっかりと準備をしたことで、ここから一気にフォロワー&いいねの獲得が狙えます。

本記事では、インスタグラムの写真投稿のテクニックについてご紹介していきます。

写真加工のポイント

インスタグラムのメインコンテンツは、何と言っても投稿写真。この写真人を惹きつける魅力に溢れていることが、一番のインスタグラマーへの近道です。

そして現在は、『写真加工』の機能があるアプリが様々あり、簡単にご自身の写真をぐるアードアップして見せることが可能になりました。

写真加工はほどほどに

しかしながら、

じゃあガンガン加工して綺麗な写真を作っていこう!

と安易に考えるのも危険です。

加工のしすぎでは明らかに不自然さが出ますし、凝りすぎると写真ごとに仕上がりに差が出てしまい、統一感が失われます。

加工はその写真を自然に際立たせられる、ほどほどの範囲でおこなってください。

正方形の写真にするだけで見栄えUP!

Instagramのホーム画面、自分の投稿一覧の部分では、写真が正方形の状態で表示されます。そのため、縦長や横長の写真で正方形に治らない部分はカットされて表示されてしまうのです。

こうなるとちょっと残念なギャラリーになってしまいますよね。ですので、最初から写真は正方形にして投稿してあげることをおすすめします。

僕は手間なのでやってませんが・・・やって損はないはずです⭐️

おすすめの加工アプリは?

写真の見栄えを整えるだけであれば、インスタのアプリのに標準機能で十分です。ただし、今後のことを考えれば、LINEカメラをおすすめします。

というのも、今後アカウントが育ってきたら「自分のオリジナルロゴを写真に入れる」というステップがあり、このロゴ入れ加工はInstagramの標準アプリではできないので、LINEアプリを使うのです。

ロゴ入れの時、写真加工もLINEカメラでやってしまうととっても楽なので、最初からLINEカメラの操作に慣れておいたほうが後々は楽になるかなと。

そんなことであえてお勧めするならLINEカメラですが、最初はインスタの標準機能で十分です。

↓一応リンク貼っておきます。↓

<LINEカメラのダウンロード>
>>iPhone版
>>アンドロイド版

スクリプトで差別化を

スクリプトとは、投稿写真の説明文です(下の画像の赤枠部分)
ここに自分しか知らない情報を書いたりして、自分がテーマにしている観光地について、自分が詳しいことをアピールします。

あなたをフォローすることで他ユーザーが有益な情報を得られるような、そんな文章がベストです。

(上の投稿では、普段からこの地で生活していなければ撮れなかった写真をアピールすることで、他の人との差別化を測っています。)

他ユーザーにあなたの情報の価値を認めてもらえれば、フォロワーになってもらえる確率がグッと上がります!

スポンサードリンク

ハッシュタグを有効活用

ハッシュダグ(#)とは、その投稿を分類分けするのに使うものです。

例えば、あなたが投稿時に「#新緑」とハッシュタグを付けて投稿をします。逆に新緑の綺麗な写真が見たい!という人がインスタで「#新緑」で検索すると、あなたの投稿が検索したユーザーに見てもらえる、といった仕組みです。

このハッシュタグにより、フォロワーで無い人にもあなたの写真を見てもらうことができるのです。

ハッシュタグは1投稿に限界の30個までつけましょう!

自分の投稿にハッシュタグを沢山つければ、つけたタグの分だけ検索で見つけてもらえる可能性が高くなります。ですので、沢山ハッシュタグをつけたいのですが、無限につけられる訳ではありません。

インスタ1投稿でつけられるハッシュダグは30個まで。めいっぱい使って拡散させましょう(^○^)!

ハッシュタグを30個を超えて投稿してしまうと、スクリプトが真っ白になります。せっかく書いた文章が消えてしまいますので、よく数えるか、スクリプトのコピーを控えてから投稿するをと良いです。

今回は以上です!