【雑記】奈良井宿の日常

【プール】ラグーナテンボスへ行く際の注意点、持ち物まとめ【体験記】

先日ラグーナテンボスのプール、“ラグナシア”に行ってきました!
しかし、特に下調べもせずに行ったら準備不足を痛感することとなりました。。。

そこで本記事では、僕がラグーナテンボスへ行ってきた体験を元に、持っていけばよかったもの、注意点をご紹介します!

スポンサードリンク

持っていけばよかったもの

サンダル

ラグーナテンボスは更衣室がなく、コインロッカーも有料の為、皆さん入園前に水着に着替えて入園します。

園内移動は、裸足だと火傷してしまいます。

 

駐車場~プールや、プール~ビーチパークを移動の際、アスファルトの道を5分ほど歩きます。

その際裸足では、アスファルトが熱くて歩けませんし、いちいち足を綺麗に拭いて靴を履くのもめんどくさいです。サンダルをぜひ持って行ってください!

ロッカールームの値段。400円から。

ロッカールーム。狭いです。男女で分かれてもいないし、更衣室という感じではありません。

防水スマホケース

 ラグーナテンボスは携帯持ち込みOK、写真撮影OKですので、スマホはぜひ持っていきたいところ。

でもスマホをそのまま持ってプールに入れることはできません。(防水とうたってるiPhone7,8,10 なども水没は防げませんのでご注意ください!)

プールの脇にちょっとした荷物と一緒に置いておくことはできますが、盗難の危険がありますので、あまりお勧めできません。

りばお
りばお
僕は用意してなかったので、タオルに包んで置いておきましたがやはり怖かったです。。。

防水ケース、Amazon等で簡単に変えますのでぜひご用意して行ってください。
>>【2019最新版】 防水ケース スマホ用 IPX8認定 指紋認証/Face ID認証対応 防水携帯ケース 完全防水

防水のお財布

ラグーナテンボスは飲食物の持ち込み禁止です(ロッカー有料のくせに・・・)。その為、飲み物やちょっとした食事用のお金を入れられる防水ケースが必要です。

防水財布と書きましたが、ジップロックとかでもいいですし、上述した防水のスマホケースにスマホと一緒に入れておくのもお勧めです。

軽く羽織れる上着(日焼け対策)

 ラグーナテンボスは全て野外のプールで、屋根もほとんどありません。日焼けの対策をしないと首や肩が痛いくらいに焼けます。

日焼け止めクリームだけでは防ぎきれないほど日差しが強い為、プールに入らない間は、何か羽織って過ごすことをお勧めします。

(姉は日焼け止めだけで対策してましたがめちゃくちゃ焼けてました。。。)

羽織るものは、白のような明るい色で、太陽の光を吸収しにくいものだと効果が高いです。

特にプール用に買い足す必要はなく、なければ普通のTシャツでもOKです。僕もTシャツ着てました。

レジャーシート

休憩スペースの確保、荷物置きに使用します。
ラグーナでは下の写真のように、休憩スペースとして日陰の場所が用意されていますが、特に区画はなく、レジャーシートで陣地を取っておく必要があります。

スペースは必要ないという方は不要です。

また、ラグーナには有料の休憩スペースがありますので、そちらを利用する場合もレジャーシートは不要です。

有料席はパラソルとエアーソファー。
値段は2〜4名様で2000円から。
>>有料エリアについて(公式HP)

注意点、アドバイス

ここからはラグーナに行くにあたって、僕が事前に知っておけば・・・と後悔した情報をご紹介します。

駐車場はビーチパークの方なら300円お得!

 <駐車場料金>
 園内プール付近:1000
 ビーチパーク :700

上記の通り、園内とビーチパークで料金が異なりますが、ビーチパーク~園内プールまでは徒歩3分です。

とても近くにあるので、ビーチパークの方に車止めて回る方がお得だと思います!

りばお
りばお
僕らは知らずに1,000円の方に停めちゃいました。。。。

水着は下に着ていくといいです (コインロッカー有料の為)

 上述してますとおり、ラグーナの更衣室+コインロッカーは有料(400円~大1000)です。

その為他のお客さんの多くも、みんな車で水着になって、駐車場から水着のまま入園してます。

飲食物の値段

最後に園内の飲食物の値段をご紹介します。

園内はやはり割高ですので、園内に入る前に空腹を満たしてから入るといいと思います。
(
この考え、貧乏性の私だけでしょうか。。。。)

以上、ラグーナテンボスへ行く前の注意点とアドバイスでした!
楽しいひと時をお過ごしください⭐️

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です