お得情報

【特急あずさ】指定席おすすめの座席のご紹介(富士山が見える側/眩しくない側など)

本記事では、JR特急あずさのおすすめの座席指定方法をご説明します。

特急あずさの新宿⇄松本間の正規料金は6,500円と、決して安くない金額です
どうせ高いお金を払うなら、良い席に座りたいですよね。

まぶしくない席がいい!
富士山がみたい!
あとなんか他に注意しとくことあったら教えて!

こんなお声にお答えします。お付き合いください。

特急あずさ:座席指定のポイント

太陽の光が当たらない窓側がいい!

窓側がいいけど太陽が当たると暑いし眩しいから嫌だな〜

こんな時の座席の選び方の手順はこちら。

①シートマップで電車の進行方向を確認する。
②太陽の位置を確認し、光の当たらない側の席を選択する。
逆に光があたったほうがいいという方は逆側の席を選んでください。

①電車の進行方向を確認する

指定席券売機えきねっと では、シートマップをみて座席を選ぶことができます。
(指定席券売機、えきねっとの使い方がわからない方は、先に『補足:特急あずさ座席指定の方法』をご覧ください。)

↓こういうやつです。↓このシートマップから、電車がどっちに動くのか確認しましょう。

JR東日本では、1番シートが東京側に向かう方向です。上り列車でも下り列車でも変わりません。(さらに付け加えると、1号車が東京側です)

上の写真でいうと、向かって左側が進行方向ということになります。
これで電車の進行方向は確認できました。

電車の進行方向をしっかり確認しないと、間違えて逆側の席をとってしまったなんてことが発生しますので注意してください

②太陽の位置を確認し、光の当たらない側の席を選択する。

太陽の位置を確認しながら座席を選択します。
新宿―松本間の経路は下の図のようになっています。

新宿―甲府くらいまでは電車が東西に移動しているので太陽の影響はあまり
受けないのですが、甲府―松本間は南北への動きが加わり、電車に太陽光が差し込みます。

電車の時間帯によって太陽の位置が変わりますので、それを考慮して、
太陽と逆側の席を選んでください。

午前中は太陽は東にあり、午後から西に傾きます。
電車がお昼前後の場合は、「松本―甲府間が午後、午前どちらにかかるか」を
重点に置いて考えてください。

<まとめ>
太陽の光が当たらない座席
上り電車の場合 下り電車の場合
午前の電車 午後の電車 午前の電車 午後の電車
進行方向から右側 進行方向から左側 進行方向から左側 進行方向から右側

 

富士山が見たい場合は南側の席を。

眩しいとかどうでもいいから富士山が見たい!

そんな方は、南側の席を選びましょう。
下の写真の通り、富士山は線路の南側にありますので、南側が見える席をとれはOKです!

<まとめ>
富士山が見える座席
上り電車の場合 下り電車の場合
進行方向右側 進行方向左側

※シートマップでは、常に下側に表示されている方の座席になります。

窓の太いサッシを避け、眺めの良い席をゲット!

下の画像のようにある窓の太いサッシ。
これがあると、前の方の景色が遮られて嫌ですよね。
この太いサッシは2列に1ずつ付いているので、これを避ける方法を考えます!

※ここから先は推測になりますので、間違っていたらご指摘をよろしくお願いしますm(_ _)m

上り列車⇨偶数列にサッシなし!

上り列車の新型あずさの車両内。新型あずさは、1両16列編成です。
16列番、14列番の所にはサッシがありません!つまり、偶数列には太いサッシがないんです🌟

下り列車の⇨奇数列にサッシなし!

下り列車では、座席が反転します。つまり上りの時とは逆となり、今度は奇数列に太サッシがこない配置となります。

<まとめ>
太サッシが無い座席
上り電車の場合 下り電車の場合
偶数列 奇数列

特急あずさ席選びのポイント:小ネタ編

ここからは小ネタ編です。そんなに大した差は出ませんが、こだわりたい方は参考にしてください。

窓側席と通路側席どっちがいい?

窓側と通路席側、結構いつも迷うけどどっちがいいかなあ〜

これは完全に好みですが、景色を楽しみたい人は窓側一択ですね。
私はトイレに行く頻度が高いので、通路側が結構好みだったりします。笑

でもエアコンの調節スイッチは窓側の席の上にあるので、
通路側だと気を使うかも。。。

なんだかんだ総合的に見ると窓側の方がお得かな?と思います。

最前列、最後列のデメリット

最前列とか最後列はやっぱり魅力!なんか悪い点ってあるの?

最前列や、最後列の席は大変人気があります。
1番前なら前の席の人が座席を倒してくることはありませんし、1番後ろは後ろに誰もいないので、気が散らずに済みます。

しかし、ここではあえてデメリットをご説明いたします。

最前列のデメリット:足元のスペースが狭い

最前列以外の席は、前の席の下のスペースが空洞なので足を伸ばすことができます。しかし最前列は前が壁のため、その分足元のスペースが狭いです。
とは言ってももともと十分なスペースが確保されていますけどね。。。

最後列のデメリット:座席を倒せない可能性がある

最後列の後ろは少し大きくスペースが有り、荷物を置くことができますが、実はこのスペース、実はどの席の利用者でも使っていいスペースなんです。

このスペースにどでかい荷物を置かれてしまうと、荷物がつかえて座席を倒せない。。。
なんてこともまれにですがあるようです。

※2018年から導入された新型車輌E353系では、下の画像のように大型荷物置き場が
別に用意されていますので、こういった心配はほぼ解決かなと思いますが、念の為。

スポンサードリンク

補足:特急あずさ座席指定の方法

おすすめの座席はわかったけど、座席の指定ってどうやってやるの?

最後にこのような悩みをお持ちのかたにご説明します。

特急あずさは、みどりの窓口、駅の指定席券売機、JRのインターネットサービス
えきねっと」で座席指定が可能です。

①みどりの窓口で指定する

みどりの窓口で特急券を購入する場合は、駅員さんに希望の席を伝えれば、対応してもらえます。希望を伝えない場合は駅員さんが任意の席を選ぶだけになってしまいますのでご注意ください。

②指定席券売機で指定する

指定席券売機でも、座席指定が可能です。
詳しくはコチラ>>JR東日本:指定席券売機ご利用案内

③インターネットサービス「えきねっと」で指定する

えきねっとは、JR東日本が提供するオンライン切符予約サービスです。
こちらでも座席指定が可能。

わざわざ駅にいかず、スマホやPCでどこでも予約→座席指定が可能なのですごくおすすめです!詳しくは下の記事にまとめていますのでよかったらご確認ください✨

JR東日本の新幹線・特急をネット予約!『えきねっと』のメリット・デメリットまとめ本日はJR東日本が提供している「えきねっと」について、メリットとデメリットについてご紹介いたします。 こんな疑問を解決しま...

以上です!それではみなさま、快適な長野への旅をお過ごしください!