アクセス情報

JR東日本の新幹線・特急をネット予約!『えきねっと』のメリット・デメリットまとめ

本日はJR東日本が提供している「えきねっと」について、メリットとデメリットについてご紹介いたします。

JRがやたらと推してくる『えきねっと』ってなんなの?ネットでなんかお得になるの??

こんな疑問を解決します!

スポンサードリンク

えきねっととは?

画像:JR東日本「えきねっと」

えきねっととは、JR東日本の新幹線・特急券をインターネットで予約できるサービス。

スマホやパソコンがあれば、いつでもどこでも予約、変更が可能で、もう『みどりの窓口』に並ぶ必要が無くなります。

<JR東日本の新幹線・特急列車>
・東方・北海道新幹線
・秋田新幹線
・山形新幹線
・北陸新幹線
・上越新幹線
・成田エクスプレスN’EX
・特急ひたち・ときわ
・特急スワローあかぎ・赤城
・特急日光・鬼怒川
・特急あずさ・かいじ・富士回・はちおうじ・おうめ
・特急踊り子・スーパービュー踊り子
・特急わかしお・さざなみ・しおさい
・特急つがる
・特急いなほ・しらゆき

さらに乗車券が5~45%安くなる、「えきねっとトクだ値」サービスが利用できたりと、様々な特典がありますので、次の章でご紹介いたします。

えきねっとのメリット

<えきねっとの主なメリット一覧>
・ネットで予約完了!窓口に並ぶ必要なし
・えきねっとトクだ値で乗車券が5~45%OFF
・えきねっとポイントがたまる
・チケットレスサービスで発券不要&100円or200円割引

さらに・・・
・申し込みは販売窓口の1週間前より可能!

ネットで予約完了!窓口に並ぶ必要なし

画像:JR東日本「えきねっと」

インターネット予約の良いところは、いつもでどこでも予約が可能なことです。
さらに予約完了後の変更も、インターネット上で何度でも可能なんです!

座席の指定も簡単

また、座席の指定も、シートマップ上から自由に選ぶことができます
駅員さんにいちいち希望の位置を伝えなくても、自分で選択することが可能です。

えきねっとトクだ値で料金が5~45%OFF!

画像:JR東日本

さらに重要なポイントがこの「えきねっとトクだ値」サービス。

適用される電車の本数や・席数・区間には制限がありますが、通常の購入よりも制限があることで、安くチケットを購入することができます!

えきねっとポイントがたまる

画像:JR東日本「えきねっと」

えきねっとで切符を購入した場合、えきねっとポイントがたまります。
1回の切符購入で30ポイント(約70円)をゲット!
チリも積もれば山となります。

えきねっとポイントは、通常使うスイカのチャージに使うこともできますし、他の色々なサービスに使えます。

クレカとダブルでポイント取得!

えきねっとはクレジットカードでの決済となりますので、クレジットカードのポイントとえきねっとポイントの両方をいっきにゲットできちゃいます!

チケットレスサービスで発券不要&100円〜300円割引

画像:JR東日本「えきねっと」

『えきねっとチケットレスサービスが使用できる電車』では、ネットで特急券を購入した際の、購入完了メールが特急券がわりとなり、チケットレスで乗車が可能というものです!

チケットレスのため、JR側の手間も省けるため、チケットレスにすると割引もあるのです。

下の表のチケットレスサービスが使える電車と、割引料金をまとめました。

列車名 割引料金
あずさ・かいじ・富士回遊
・はちおうじ・おうめ
100円
※19年6月30日までは、キャンペーンで300円引き!
ひたち・ときわ 100円
成田エクスプレス 200円
あかぎ 300円
スワローあかぎ 100円

申し込みは販売窓口の1週間前より可能

新幹線・特急券は通常、乗車日の1ヶ月前の日の朝10時から発売となるのですが、えきねっとサービスでは1ヶ月前のさらに1週間前から購入することができます。

購入方法 特急券の発売日
えきねっと 乗車日1ヶ月前のAM10:00から
みどりの窓口、指定席券売機 乗車日1ヶ月+1週間前のAM10:00から

スポンサードリンク

えきねっとのデメリット

クレジットカードの登録が必要

えきねっとを利用するには、クレジットカードが必須です。
クレジットカードをお持ちでない場合は発行する必要があります。

デメリットとしてはこの1点くらいで、メリットばかりかと思いますのでぜひみなさま活用してもらえればと思います⭐️

以上、えきねっとのご紹介でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です